不動産情報

不動産の売却価格が決まるポイントはココだった!査定価格と売り出し価格の違いは?

不動産の売却を検討される際、一番気になるポイントは「物件がいくらで売れるか」ということではないでしょうか?

しかし不動産の価格は一口にいっても、「査定価格」「売り出し価格」「売却価格」の大きく3種類に分けられます。

その3種類の価格は何なのか?一体どのように決まるか?など、気になるポイントをまとめてご紹介いたします!

不動産会社の判断によって決まる「査定価格」とは?

不動産の売却において、まず決められる価格がこの「査定価格」です。
査定価格とは、不動産会社へ売却査定価格の算定を依頼することから始まります。

不動産の査定方法には一般的に「机上査定」と「訪問査定」の2種類が存在します。

机上査定

机上査定とは、不動産の立地や物件種別などの不動産情報を基に、物件周辺の売り出し事例や、公示価格などのデータを踏まえた上で、概算の査定価格が算出されます。

物件そのものを見て判断するわけではなく、データベースに沿った売却価格となるため、机上査定での金額はあくまで目安として見ておくのが良いでしょう。

訪問査定

訪問査定とは、依頼した不動産会社のスタッフが直接物件を訪問し、現地の状態確認や調査をおこなった上で査定価格が決定されます。

具体的には、物件の周辺環境の確認、設備状況確認、土地の地形の調査、また登記記録の権利関係や売却予定物件にかかる法規制など、様々な調査がおこなわれます。

机上査定に比べ、物件の価値を判断する要素が増えるため、実際に不動産の売却をされる場合には、より精度の高い訪問査定をおすすめします。

売主の希望で決められる「売り出し価格」とは?

売り出し価格は、実際に物件を売り出す際の価格のことで、その金額はご自身で決める権利があります。

但し査定価格や相場価格からあまりにもかけ離れた金額で売り出しても買い手をつけることは難しいので、予め不動産会社からの査定額や、付近の不動産売買の取引実績、相場を考慮した上で値段を決めると良いでしょう。

しかし、買い手が値下げ交渉してくることも視野に入れると、最初は相場よりも少し高めに金額を設定しておくことをおすすめします。

不動産会社によっては少しでも安く売りだすことで、早く売ってしまいたいという思いから、価格を下げたがる業者も中にはあります。

しかし後々の値段交渉をよりスムーズに進めるためにも、少し高めに見積もった金額でも売り出してくれる不動産会社をしっかりと見極めることが重要です。

売り出し価格=売却価格ではなかった!?「売却価格」とは?

売却価格とは、実際にその物件が売れた時の価格のことを指します。

不動産の売却が初めての方であれば、ご自身の売り出し価格がそのまま売却価格になるとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかしその売り出し価格=売却価格になることはほぼなく、買い手からの値下げ交渉は必ずされると思っておいた方が良いでしょう。

なぜかと言うと、買い手側も依頼した不動産会社から「〇円値下げを交渉してみましょう」などとアドバイスを受けているからです。

そのため前述でもお伝えしましたが、売り出し価格を少し高めに設定しておけば、そこから値下げ交渉をされても、結果として希望していた金額内で売却ができます。

また不動産の売却は、買い手と売り手同士の合意の上で売却価格は決まります。
そのため売り手が納得しない限り、売却価格が勝手に決まることはありませんのでご安心ください。

まとめ

今回「査定価格」「売り出し価格」「売却価格」それぞれのポイントをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

不動産会社が提示した査定額がそのまま売り出し価格や売却価格になるというわけではなく、ご自身の売却の条件や買い手の交渉によって実際の売却価格が決定することがお分かりいただけたかと思います。

納得のいく売却価格で不動産を売るには、お持ちの物件の状態などももちろんですが、やはり信用のできる不動産会社を選び抜くことがポイントでしょう。

最近ではイエイのような一括査定ができるサイトも増えてきています。
不動産会社選びにお困りの方は、ぜひ一度一括サイトを利用してみることもおすすめします!