不動産情報

不動産は「売る」「貸す」どっちが良い?メリット・デメリットを知って最適な方法を選ぼう

住んでいた一戸建てやマンションを手放す際、売却と同時に誰かへ「貸す」という選択肢が生まれたことはありませんか?
不動産を売るべきか、それとも貸すべきなのかというのは不動産の運用にはよく挙がるテーマです。
売却すればその分まとまったお金が手に入りますが、物件は自分のものではなくなり、完全に他人の持ち物となってしまいます。
一方物件を貸せば、自身の持ち物として残り続け、家賃収入を得ることができます。
しかし一方で物件の管理費用がかかり、何かと手間が掛かってしまうことも。
そこで大切にすべきは、双方のメリットとデメリットをしっかりと把握することです。
今回は不動産を「売る」場合と、「貸す」場合のそれぞれの特徴と、ポイントをご紹介します。

不動産を「売る」「貸す」その違いとは?

不動産を「売る」場合

メリット

不動産を売る最大のメリットは「大きな金額が手に入ること」でしょう。
地価下落のリスクに追われることもなく、固定資産税を払う必要も無くなります。
また維持費や管理における手間などからも解放されます。

デメリット

一方「不動産を手放す」ということがデメリットとして挙げられるのではないでしょうか?
不動産を担保に融資を受けるということは出来なくなります。
また売却をすることで時間も取られ、仲介手数料などの経費も発生します。

不動産を「貸す」場合

メリット

不動産を貸すメリットは「継続して家賃収入を得られる」ということです。
不動産を手放す必要がなく、将来子どもへ相続するということも可能になってきます。
また売ることのデメリットとして挙げた不動産を担保に融資を受けることも自身の所有物であれば可能です。

デメリット

一方デメリットは賃貸業に関わる内容です。
もし他人へ貸すということであれば、場合によってはリフォームが必要となり、その費用が発生します。
また家賃収入を受ければ確定申告が必要にもなってきますし、固定資産税も多少の軽減はできるものの、支払う必要があります。
さらに空室を埋めることができなければ、そもそも家賃収入を得ることができないかもしれません。

不動産は売った方が良い?その理由は?

ここまで不動産を売る場合と、貸す場合のそれぞれメリットとデメリットをお伝えしました。
見ていただければ分かるように、どちらにも良い点、悪い点がありますね。
最終的には、その物件をどのように活用したいかによってどちらを選ぶか決めましょう。

しかしそれでももし迷われている方がいらっしゃれば、不動産は売ってしまうことをおすすめします。
賃貸オーナーを目指す方であれば別ですが、不動産を貸すということは片手間でできるほど簡単なものではないということを念頭に置いておきましょう。
賃貸経営には経費や手間がかかります。

いざ賃貸を始めたのはいいものの、なかなか思うように入居者が集まらず、諦めて売ろうと思った時には地価下落により不動産価値が下がってしまっていた、というケースも少なくありません。

不動産は築年数が浅ければ浅いほど高額査定がつきます。
そのため、もし手離すことをお考えであれば、できるだけ早い段階で売却をし、新しい物件の購入費などに売却金を充てることが賢い選択と言えるでしょう。