不動産情報

不動産売却にはコツがあった!?売却が成功するポイントを徹底調査してみた

不動産を売却したい、しかし自分の家って一体いくらで売れるの?というかそもそもちゃんと売れるの?そんな疑問を持ったことはありませんか?

売却を成功させるにはいくつかのコツを押さえることがカギとなってきます。
そこで今回は不動産売却におけるポイントをご紹介いたします。

これから不動産の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

物件の適正な相場を知っておこう

不動産売却において、その物件がどれくらいの金額で売れるかを把握しておくことは、必要不可欠とも言えるでしょう。
その上で、どれくらいの金額で売れば、買い手の購買意欲が上がるのか、ということも次第に見えてきます。

その手段のひとつとして、イエイの一括査定を使用することもオススメです!
自身の持つ物件には当然思い入れが深いこともあり、相場より少しでも高い金額で売りたいという気持ちはよく分かります。

しかし買い手あっての売却ということを念頭におき、冷静な判断を心掛けましょう。

売れてほしい時期は決めずに構えよう

不動産の売買は、売り手にとっても買い手にとっても一大イベントと言えます。
それと共に大きなお金が動くことも事実です。

それだけに売り手にとってはできるだけ早く売れて欲しいと願うでしょう。
しかしそこで焦ってしまっては自身にとってのストレスの原因にもなり、そのストレスによって正常な判断ができず、交渉の際に非常に不利な条件となってしまうことも。

そのため売却時期はあえて決めず、決めたとしても少し長めに見積もり、余裕を持って売り出し、買い手がつくのを気長に待ちましょう。

印象作りがカギ!内覧は購入検討者の判断を左右する大事な場面

売却活動によって購入検討者が見つかった場合、物件の見学に訪れるはずです。
その際の印象は見学者にとって購入を検討するかどうかを判断する大きなポイントとなってきます。

そのため掃除をしたり、整理をしたりと部屋を片付けて綺麗な状態にしておくことは必要不可欠です。
また場合によってはハウスクリーニングを施すケースもあります。

さらに最近ではモデルルームのようにインテリアで装飾する「ホームステージング」と呼ばれるサービスを利用して、見学者へ向けてより良い印象作りを展開する、というケースも増えてきています。

このように内覧は見学者にとって、いかに物件の印象を良く見せるかがポイントとなってくるので、日ごろから物件を綺麗にしておくと当日慌てることなく迎えることができるでしょう。

売却前の引越しは不利!?

売却前の引越しをお考えの方は、できれば売却後にされることをオススメします。
何故かと言うと、買い手にとって誰も住んでいない家はガランとし、どうしても生活感をイメージしづらい印象にあるからです。

また、売り手のあなたがすでに別の場所へ移り住んでいるということから、この家を売らなければいけないという理由が浮き彫りになることで、売却価値を大きく下げる原因にもなり兼ねません。

そのため、できれば売却期間中は買い手のイメージ作りのためにも、引越しは少し待った方が良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
不動産の売却は、少しのコツとポイントを押さえることでよりスムーズに進めることができます。

そして何よりも焦りは禁物です!少しでも早く手離したいという気持ちも十分理解できますが、焦ってしまうことで売れる物件も売れなくなってしまうこともあるでしょう。

物件をより良い状態に保ち、より良い買い手がつくことを気長に待つことが不動産売却において最大のポイントかもしれません。