不動産情報

売却前に知っておこう!不動産売却の流れって?

不動産の売却は、人生に於いてそう多く経験することではありません。
それだけにどう動けばいいのか、どうすればスムーズに売れるのか、なかなか人にも相談できないことでもありますよね。

そこで今回は不動産売却のざっくりとした流れをご紹介いたします。
はじめに全体の流れをある程度把握しておくことで、今後の行動もよりスムーズなものになるはずです。

まず売却の理由や条件を整理しておこう

不動産の売却には「ライフスタイルや環境、経済状況の変化」など様々な理由があるでしょう。
まずはその理由を整理することが重要です。

その理由に沿って住み替えの時期や、どれくらいの資金が必要となるか、など必要となってくることが見えてくるはずです。
このように整理をすることで、売却の時期や価格、売り出す際の条件、新居を購入するか否かなど今後のビジョンをより明確にすることができます。

売却までの流れを把握しよう

売却の理由や条件を整理できたところで、次に売却までの流れをしっかりと把握しておきましょう。

情報収集によって物件の相場を知る

売却すると決めたら、まずはその物件がどれくらいの金額で売れるのか相場を知る必要があります。
相場を調べる方法として、国土交通省が公表している「不動産価格指数」や「地価公示」、「都道府県地価調査」などを参考にすると良いでしょう。

不動産会社を探す

住まいを売却するには、信頼をおける不動産会社の力が必要不可欠となります。
そのため数多くの不動産会社からよりご自身に合った業者を見極めましょう

その手段のひとつとして「一括査定」という方法で厳選することもできます。

不動産会社と媒介契約を締結する

ご自身で集めた情報をもとに決めた不動産会社に仲介を依頼し、媒介契約を結びます。
媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」と大きく分けて3種の形態があります。

ご自身の希望する売却方法などを踏まえ、どの契約を結ぶか決定しましょう。

物件の価格を決め、売りに出す

ここでようやく物件が売りに出されます。
売り出し価格は、売却活動において最も重要なポイントとなります。

ご自身の希望だけでなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえ、慎重に決めることをおすすめします。

見学者の来訪対応

購入を検討されている人が、物件の内覧に訪れることがあります。
外観が汚れていたり、室内の状態が悪く見えたりすることで減額交渉の原因に繋がってしまう可能性があります。

そうなってしまわないよう、室内の清掃や整理整頓は事前にしっかりと行い、当日は好印象なイメージを残すためにも明るい対応を心掛けましょう。

購入検討者との交渉

購入を検討される人が現れたら、仲介業者を通じて売却条件を交渉します。
価格の条件はもちろん重要ですが、その他の条件についても譲れる点と、譲れない点をしっかりと相手に伝え、交渉を進めましょう。

また、売買締結後のトラブルを未然に防ぐためにも、物件の不具合や欠陥がある場合には、このタイミングで誠実に伝えるようにしましょう。

売買契約を結ぶ

交渉が成立したら、買い手との売買契約を結びます。
その際、一般的に物価価格の10~20%程度の手付金(契約金)を受け取ることになります。

その後も不動産売却には様々な費用がかかります。契約前にはその内容や費用をしっかりと確認しておきましょう。

物件を引き渡す

引き渡しの手続きでは、売買代金を受領すると同時に、登記申請を行う必要があります。
また引き渡したあとの税務申告などの手続き漏れの無いよう十分に気を付けましょう。

売却に必要な期間目安を知っておこう

不動産売却はできるだけ早く、高くが最も理想です。
しかし買い替えの場合であれば、早すぎるタイミングの売却は仮住まいを探さなければいけない、といったリスクに陥る可能性も出てきます。

またな中々買い手が見つからず、焦りから売却価格をどんどん下げていってしまうことも、できれば避けたいですよね。
そこで不動産の売却に必要な期間目安をご紹介いたします。

マンションや一戸建て、その他条件やタイミングなどによってケースバイケースではありますが、概ねの目安として把握していただければと思います。

不動産売却に必要となる目安期間

  • 情報収集や事前準備、査定期間【約1~4週間】
  • 媒介契約、売却活動、内覧、価格交渉、売買契約【約1~3ヶ月】
  • 手付金受領、物件引き渡し【約1~2ヵ月】