不動産情報

売買契約における「手付金」って?その種類から相場までチェック!

不動産売買において必ず出てくる「手付金」という言葉をみなさんご存知でしょうか?
手付金は不動産の契約締結時に必要となってくるお金のことです。
しかしその手付金の正しい意味とは何でしょう?
また手付金の相場はどれくらいか?
今回はなかなか人には聞けない「手付金」のあれこれをご紹介します。
これから不動産の売買を行われる方はぜひチェックしてみて下さい!

「手付金」とは?

そもそも手付金とは一体どういったものなのでしょう?
手付金とは、売買の契約が成立した際、一方から他方へ交付する金員のことを指します。
また手付金には「解約手付」「違約手付」「証約手付」と、大きく分けて3種類あり、それぞれ性質は異なります。

解約手付

買い手、売り手のいずれかが契約の解除を申し出た時のための保証金です。
買い手側から解除を申し出た場合、手付金を放棄する(手付流し)ことで契約の解除が成立します。
そして売り手側から解除を申し出た場合は、手付金を買い手側に倍返し(手付倍返し)
することで契約の解除が成立します。

違約手付

手付金は契約違反が発生した場合の「違約金」としての意味を持つこともあります。
買い手、もしくは売り手に債務不履行があった場合、損害賠償とは別に、相手方に没収されると定めるケースがあります。
解約手付の場合と同じく、買い手側に契約違反が発生した場合は、手付金の没収、売り手側の場合は2倍の手付金を買い手側に返却する必要があります。

証約手付

売買契約時に買い手が売り手へ支払う手付金のことを指します。
この手付金には、買い手側に購入の意思があることを前提に、契約が成立したことの証拠としての性質を持ち、これを「証約手付」と呼びます。

みんなどのぐらい払っている?手付金の金額相場を大公開!

手付金の額については、売主が不動産会社の場合、売買代金の2割以内でなければいけないことが宅建業法で定められています。
しかし売主が不動産会社で無い場合、その金額は特に法律で制限はされていません。

手付金の金額は、不動産の売買代金によっても異なりますが、「物件価格の10%~20%前後」を目安に決めるケースが一般的です。
しかしその金額が少額すぎると手軽に解約ができてしまうことから、手付金の意味を失ってしまいます。
しかし、高額な物件となってくると物件の価格10%でもかなり高額なものとなってしまいます。
そのため導きだされたひとつの指標として高すぎず、安すぎず、且つ簡単にも手離せない金額として「100万円」という額が多くの手付金額に使用されています。

手付金まとめ

いかがでしたでしょうか?
手付金には様々な種類があり、それぞれ意味を持つ性質であることがわかりました。
また、手付金の相場は「物件価格の10%~20%」と言われています。
しかし物件の価格によっては高すぎる、また安すぎるという場合も出てくることから、多くの方は「100万円」という金額をひとつの基準にされていることもわかりました。

以上を踏まえた上で、双方納得の行くまで相談し、気持ちの良いやり取りを心がけることが契約において最大のポイントと言えるでしょう。