不動産情報

媒介契約はどれが最適?媒介契約の種類をそれぞれ比較してみた

ライフスタイルや家族構成の変化などをきっかけに、不動産の売却を考えられる方は少なくありません。
では、いざ不動産を売却する場合、不動産会社を通して売却するのが一般的でしょう。

その中で物件を売りに出す前に、不動産会社と売り手の間で「媒介契約」という契約を結ぶことが前提となります。
媒介契約の種類は大きく分けて3種類あります。

では実際、自分はどの種類の媒介契約をすればいいのか、と疑問に思いますよね?
売却が初めての方ならなおさら、そもそも媒介契約って何なのか、といったところでしょう。

ここでは媒介契約が何か、ということからそれぞれの特徴をご紹介いたします。
これから不動産へ依頼されるという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「媒介契約」とは?

不動産を個人で売却することは難しく、不動産会社へ仲介を依頼するのが一般的と言えます。
媒介契約は、売主と不動産会社が取り交わす契約で、不動産売買の契約成立のために、営業努力を宅建業者へ依頼する契約のことを言います。

媒介契約の内容を記載した書面は売主へ渡すよう、宅地建物取引業法によって義務付けられています。
契約を交わす前に、売却時期や希望価格、活動方法などを不動産会社と話し合い、よく納得した上で締結するようにしましょう。

媒介契約の特徴をそれぞれ比較してみた

媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」と、大きく分けて3種類の契約があります。
いずれも基本的な契約内容は同じですが、それぞれに特徴があります。

どのように売却活動を進めていくかなど、ご自身の売却方針にあった媒介契約を選択することが、スムーズに売却を進めるポイントとなってきます。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約です。
契約を結ぶと他の不動産会社への仲介を依頼することはできません。

また、契約を結んだ不動産会社が見つけた売却先としか取引ができないという決まりもあります。
ただ、これだけ聞いているとデメリットだけのように感じられますが、最大のメリットとして、契約の有効期限が最大で3ヶ月と設定されています。

つまり不動産会社は決められた期間内に買い手を探し、売買契約を仲介する必要があるため、他の契約に比べると比較的高い確率で買い手が見つかることが挙げられます。

また不動産会社は売物件情報を指定流通機構(レインズ)へ5営業日以内に登録が義務付けられており、1週間に1度以上の頻度で依頼者へ仲介業務の進捗状況を報告することも義務とされています。

専任媒介契約

専任媒介は、専属専任媒介契約と同じく1社の不動産会社だけとしか仲介を依頼することができません。
異なる点でいえば、自力で探した買い手を見つけた場合、不動産会社を介さず契約ができることです。

また不動産会社は物件情報をレインズへ7営業日以内に登録し。2週間に1度以上の頻度で仲介業務の進捗状況を報告することが義務付けられています。

この契約を結ぶメリットとして、専属専任媒介契約とほぼ同じ条件で、且つ自力で買い手を見つけたい場合に利用しやすい、という点が挙げられます。

一般媒介契約

一般媒介契約は、前述の2種類の契約と違い、複数の不動産会社へ重ねて依頼することができ、自力で買い手を見つけた場合でも、不動産会社を通さずに契約をすることが可能な契約です。

契約期限は特に設けられておらず、レインズへの登録義務もありません。
また不動産会社が売り手へ業務の進捗を報告する義務もありません。

一般媒介契約には「明示型」と「非明示型」の2タイプがあります。

明示型の場合、他の不動産会社と同時依頼すること契約で認めつつも、どの不動産会社と媒介契約を結んだかを通知する義務があります。

非明示型の場合、他の不動産会社へ依頼をしているか、またどの不動産会社へ依頼しているかを不動産会社へ通知する必要はありません。

メリットとして、より多くの不動産会社へ依頼をかけることができる点が挙げられます。
しかし一見手広く買い手を探すことができそうな媒介契約と思いがちですが、不動産会社からしてみれば、専任媒介契約に比べると安定性の低い契約となるため、どうしても専任媒介契約が優遇されがちで、思ったより売却先に時間がかかってしまうことあり、注意が必要です。

媒介契約の種類選択のコツは「何を重視するか」

ここまでそれぞれの媒介契約についてお伝えしましたが、では結局どれが一番良いのでしょうか?
媒介契約の種類を選ぶポイントとしては「売却先の目処があるか」「売却価格」「売却時期」を

基準に判断してみてはいかがでしょうか?
時間をかけてでも納得のいく価格で売却したい場合には「一般媒介契約」を選択すると良いでしょう。

より早く、確実に買い手を見つけたい場合であれば「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」を選択することをオススメします。

それぞれのニーズに合わせて、より良い媒介契約を見つけることが、効率よく売却活動を進める最大のコツとも言えるでしょう!